広島県産応援登録制度

泣ける!広島県
たどり着いたこの地で。

たどり着いたこの地で。

私は大学時代、土壌について学んでいました。
別の学部で新品種の開発をしていた友人から、この品種にはどんな土壌が適するかなどの相談を受けたりもしていました。

大学卒業後、私は東京でサラリーマンになり、数年後広島へ出張でやってきた時のことです。その同級だった友人の話を聞いたのです。
広島出身ということは聞いていましたが、卒業後会うことはなく、随分時間は経過していましたが、学生時代のことが蘇りました。

そして遂に再開したのです。
しかしその時彼は、重い病魔に犯されていました。
聞けば、学生時代に開発した品種を栽培していました。


彼と再会し約束したこと、それは「俺が続ける!」
彼に託された気持ちもありますが、この品種を守るというミッション。


サラリーマンを辞め、広島に移り住み、この品種に適した畑を探しました。
車で県内各所を色々廻り、やっと辿りついたのがここ、因島です。


たくさんの人に支えられ、助けられ。

たくさんの人に支えられ、助けられ。

土壌環境に関しては研究してきましたが、耕作放棄地を耕したことなどありません。
最初はツルハシ1本で、毎日毎日少しづつ耕しました。

するとそれを見かけた近所の方が、機械を貸してくださいました。
また別の方が、おにぎりを差し入れてくれるようになりました。

県北ででっかいハウスを譲ってくださる方がいるという情報を聞き、取りにいきました。
でも、これは条件つき。自分で解体して運ぶこと(笑)

解体して、運び、また組み立てる。
数ヶ月かかりましたが、買えばかなりの金額です。


本当に色々な方に助けていただき、やっと栽培をスタートすることができました。

栄養バランスのとれた野菜を。

栄養バランスのとれた野菜を。

この野菜は、栄養バランスの優れた「シマフリル」という日本で唯一の品種です。
とくに女性にとって不可欠とも言われる葉酸を多く含んでいます。

青大葉たかなと日本あざみ菜の交配種であるシマフリルの幼葉を「緑の葉っぱ なざみちゃん」と命名しました。
自然循環を大切にし、雑草の生え具合で土壌の健康を管理し、子供のように大切に育てています。


『未来の野菜を作る!』
学生時代の友人との夢を、今やっと、実現することができました。
これからは、私たちの作るこの野菜を広めていくことが、目標であり、
亡き友人への報告だと思っています。

マップ

・・・・・・読み込み中です

さいとう農園インタビュー

亡き親友から受け取ったバトン

さいとう農園

住所
広島県尾道市因島外浦町287
TEL
0845-25-6296
FAX
0845-25-6296
代表者
斉藤 浩
担当者
斉藤 京子
創業
平成17年月
面積
施設 300坪(10アール) 露地 600坪(20アール)
従業員
2
生産物
緑の葉っぱ なざみちゃん
なざみちゃん 種のピクルス なざみちゃん 葉っぱのピクルス 緑の葉っぱ なざみちゃん