広島県産応援登録制度

泣ける!広島県

セールスポイント

県内4戸の家族経営農場で組織する「もみじ会」で、「瀬戸もみじ」を生産しています。
全国一の生産高を誇る広島県産牡蠣の殻粉末を、出荷前2ヶ月間配合飼料に添加して給与し、瀬戸内の豊かなカルシウム、ミネラルを食べた豚を愛情たっぷりに育てています。
海で育まれた牡蠣の殻が、形を変えて豚の健康的な生育に役立ち、広島産の牡蠣殻を利用することで、循環型社会の一助にもなっています。

商品の特徴

小麦、トウモロコシを主原料とした配合飼料に牡蠣殻粉末を給与しており、肉の旨味が強く、食感は良質の柔らかさで、味が濃いのが特徴です。
長年「もみじ豚」としてご賞味いただいてきましたが、より広島産の地域性をアピールするため、県の特産品である牡蠣とのマッチングを考え、ネーミングを「瀬戸もみじ」としました。

栽培に関する特徴

【飼育に関する特徴】
出荷前2ヶ月間、広島県産牡蠣殻粉末を、約1%を目安に配合飼料へ添加して給与しています。
牡蠣殻は、豚の発育に欠かせない良質のミネラル、必須アミノ酸を豊富に含んでおり、豚の成育に役立ちます。

その他

【取扱上の注意点】
品質管理:通常の冷蔵(2℃以下)での管理をお願いします。
賞味期限:保存状態によりますが、冷蔵であれば6日程度です。

取り扱い店

出荷可能時期

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
上中下
○○○
上中下
○○○
上中下
○○○
上中下
○○○
上中下
○○○
上中下
○○○
上中下
○○○
上中下
○○○
上中下
○○○
上中下
○○○
上中下
○○○
上中下
○○○

広島食肉市場肉豚出荷組合 「もみじ会」

住所
広島県庄原市口和町竹地谷1190
TEL
0824-87-2933
FAX
0824-87-2933
代表者
会長 日野 寬夫
担当者
会長 日野 寬夫
創業
平成20年月
面積
母豚 270頭、肥育豚(3ヶ月齡以上) 1,700頭
従業員
13
生産物
肉豚 「瀬戸もみじ」 
広島食肉市場肉豚出荷組合 「もみじ会」
販売したいみなさまへ