広島県産応援登録制度

泣ける!広島県

セールスポイント

広島県のナマコは、青っぽい海鼠(以下青海鼠)が主流です。青海鼠は赤海鼠に比べ、磯の香りがきつくなく万人受けの海鼠です。

商品の特徴

一般的に、赤海鼠の方が高値で取引されるが、瀬戸内は青海鼠の漁獲が多い為、広島県では青海鼠も人気があります。身はこりこりとした食感が特徴で,薄くスライスし酢で食べる海鼠酢が人気です。お好みで、大根おろし、ゆず(など柑橘)を和えるのもお勧めです。赤海鼠と、青海鼠で生息している場所が異なるため、水揚げ量に差が出ます。

栽培に関する特徴

【製造法の特徴】
潜水漁、底引き網漁が主です。人が潜り底にいる海鼠を獲っていきます。県内でナマコを専門に獲る漁師が少ないため、入荷量は少ないです。
【漁獲等に関する特徴】
広島県は河川が多くあり、里山の栄養分を含んだ汽水域が多数存在する為、砂・泥地の有機物を含んだ餌を豊富に食べ育っています。周りにぬめりがあるので軽く洗い、内臓に砂や泥を含んでいますので、内臓の砂を出してから調理を行うのがポイントです。

その他

【取扱上の注意点】
品質管理:冷蔵での管理をお願いします。
賞味期限:保存状態によりますが,冷蔵であれば2~3日程度。
納品:時化の場合は欠品の可能性あり。(前日確認あり)

取り扱い店

出荷可能時期

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
上中下
○○○
上中下
○○×
上中下
×××
上中下
×××
上中下
×××
上中下
×××
上中下
×××
上中下
×××
上中下
×××
上中下
×××
上中下
×××
上中下
×○○

株式会社 クラハシ

住所
広島県福山市引野町1-1-1
TEL
084-941-3510
FAX
084-943-4519
代表者
天野 文男
担当者
鮮魚部 
創業
平成18年3月
従業員
約150人(正社員約100人)
生産物
瀬戸内 黒鯛(クロダイ)瀬戸内 渡蟹(わたりがに)瀬戸内 笠子(カサゴ)瀬戸内 穴子(アナゴ) 瀬戸内 石茂魚(アコウ) 瀬戸内 桜鯛(さくらだい)瀬戸内 赤下鮃(アカシタ)瀬戸内 馬面剥(ウマズラハギ)瀬戸内 鬼虎魚(オニオコゼ)瀬戸内 太刀魚(タチウオ)瀬戸内 針魚(サヨリ)
株式会社 クラハシ
販売したいみなさまへ